卯咲会について

卯咲会へようこそ

平成28年度奥州水沢42歳厄年連は、昭和50年4月2日から昭和51 年4月1日生まれ、奥州市水沢区の3中学(水沢中学校、水沢東中学校、水沢南中学校)の出身校で構成される卯、龍年の厄年連になります。
祭り、その他地域イベント活動に参加する厄年連として全国的にみても奥州水沢地域、特有のものと言われてます。25歳厄年連では『卯神伝』を発足し活動しました。

卯咲会の『名前の由来』

私たちは卯年に必ず触れていると思います。当然の事ではあるのですが、実際卯年ってなんなのでしょう?

卯年は、温厚で愛嬌があり人との付き合いを大切にすると言われております。男性は、外見は穏やかですが本心は野望願望が強く頑固。

女性は、おとなしく愛嬌があり可愛がられやすい性格と言われているそうです。

みなさんに当たっているかは別として、そう言い伝へられております。人生においては富貴繁栄(身分が高く、富み栄える年)を実現し思いやりと奉仕の心を忘れなければ晩年幸福が訪れると言われております。

私たちは日本の伝統文化において、この宿命を考え卯年がもたらす「物・事・人」の調和を故郷奥州水沢に与え多くの方に強い意志と強い願いを実現する姿を見せ、みなさまの心に創造の輪を栄えさせる(咲かせる)事を願う。同級生の会です。

『ロゴマークの由来』

image_logo_s

中心に、うさぎをモチーフにしたデザイン。
これは、卯咲会の会員を表しています。
右下にあるのは水沢の3つの中学を象徴した三つ巴のアレンジを加えています。
また、三つ巴の勾玉の図案化とも言われており、「火災除け・魔除け」の思いを込め、三中が結束し奥州市を護っていけるように、と言う願いを込めております。