会則

平成28年度奥州水沢42歳厄年連「卯咲会」 会則
(目的)
第1条 本会は、会員相互の親睦及び交流を図るとともに、会員の協力を得て各種事業を
展開することにより地域社会の振興及び発展に寄与することを目的とする。
(名称及び事務所)
第2条 本会は、平成28年度奥州水沢42歳厄年連「卯咲会」と称し、奥州市水沢区内に事
務所を設置する。
(会員)
第3条 本会の会員は、昭和50年4月2日から昭和51年4月1日までの間に生まれた者の
うち、次に掲げるいずれかに該当する者とする。
(1) 水沢中学校、水沢南中学校、東水沢中学校のいずれかを卒業した者
(2) 本会の目的に賛同する者
(活動)
第4条 本会は、第1条に規定する目的を達成するため、次の活動を行う。
(1) 会員相互の親睦及び交流を図るために必要と認める活動
(2) 地域社会の振興及び発展に資すると認められる活動
(3) その他本会の目的を達成するために必要と認められる活動
(活動期間)
第5条 本会の活動期間は平成27年1月2日から平成30年3月31日までとする。
(組織及び役員)
第6条 本会は会員をもって組織し、次の役員を置く。
(1) 会 長 1名
(2) 副 会 長 2名
(3) 事務局 長 1名
(4) 事務局次長 2名
(5) 幹 事 長 1名
(6) 幹 事 若干名
(7) 会 計 長 1名
(8) 会 計 2名
(9) 監 査 長 1名
(10)監 査 2名
(役員の選出方法及び任期)
第7条 役員は総会において選出する。
2 前項の役員の任期は第5条に定める本会の活動期間とする。ただし、欠員により生
じた役員の任期は、前任者の残任期間とする。
(役員の職務)
第8条 会長は、本会を代表し、会務を統括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
3 事務局長は、本会の運営に関する事務を総括する。
4 事務局次長は、事務局長を補佐し事務局長に事故あるときはその職務を代行する。
5 幹事長及び幹事は、会員の連絡調整と取りまとめを行ない、本会の業務を執行する。
6 会計長は、本会の会計に関する事務を総括する。
7 会計は、会計長を補佐し会計長に事故あるときはその職務を代行する。
8 監査長及び監査は、本会の事務及び経理を監査する。
(総会)
第9条 総会は、全ての会員をもって構成し、会長がこれを招集する。
2 総会の議長は、役員の中から選出する。
3 会長は、必要があると認めた場合、臨時総会を招集することができる。
(総会の成立及び表決)
第10条 総会は出席者の採決をもって成立するものとする。
2 総会の表決は出席した会員の過半数で決し、可否同数の場合は議長が決する。
(総会の権限)
第11条 次に掲げる事項は、総会の議を経なければならない。
(1) 会則の制定及び改廃
(2) 活動期間の制定
(3) 会費の額
(4) 事業計画
(5) 予算及び決算
(役員会)
第12条 役員会は、第6条1項から10項までに掲げる役員をもって構成する。
2 役員会は、会長が必要に応じて招集する。
3 役員会の議長には、会長が就く。
4 役員会の議事は、出席した役員の過半数でこれを決し、可否同数の場合は、議長が
決する。
(役員会の権限)
第13条 次に掲げる事項は、役員会の議を経なければならない。
(1) 総会に提出する事項
(2) 総会の議決により委任された事項
(3) その他会長が必要と認めた事項
(会費)
第14条 会費の額及び納入方法は総会の議を経て決定する。
2 会費の納入は第3条1項から2項までに掲げる者全員を対象とする。
3 会員は、会費の納入をもって本会への入会とする。
4 事業に要する経費等、通常の会費でまかないきれない事情が生じたときは、総会の
議決により全会員がこれを公平に負担するものとする。
(経費)
第15条 本会の運営に要する経費は、会費(発起人会からの繰越金を含む)及び25歳厄年
連「卯神伝」からの会計引継ぎ分、その他の収入をもって充てる。
(会計)
第16条 本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり12月31日に終わるものとする。ただし、
最終年のみ3月31日に終わるものとする。
(簿冊)
第17条 この会に次の簿冊を備える。
(1) 会計簿
(2) 会員及び役員名簿
(3) 総会、役員会両会議録
(4) その他必要な簿冊
附 則
第18条 この会則は、平成27年1月2日から施行し、即日より適用する。